Menu
Close 

      2018/08/20

PRODUCE48(プロデュース48)第4話ネタバレ!ステージ動画や投票結果についても

この記事を書いている人 - WRITER -

あんにょんはせよ~!
PRODUCE48(通称プデュ)大好きNUMAです。全シーズン見たNUMAが、初めてプデュを見る人にも分かりやすく、放送内容をネタバレしていきます。

今回はプデュシーズン3の第四話についてまとめます。第四話はグループバトルの後半戦で、第三話の後半からつながっている部分があるので、第三話を見逃した方はこちらをご覧下さい。

▶第三話内容まとめ◀

第四話のグループバトルが終わると、第一回目の順位発表があり、下位メンバーは脱落となるので、グループバトルでの活躍や勝利が生き残りのカギとなります。見逃せない第四話をどうぞ!!

第4話概要

第4回目の放送は2018年7月6日(金)に日韓同時放送されました。軽く知りたいという方はこちらの概要をご覧ください。

①グループバトル評価後半戦

第4話はほとんどがグループバトルでした。

順番としては、「Peek A Boo」→「Short Hair」→「マンマミーア」→「ハイテンション」→「BOOMBAYAH」→「Like OOH AHH」→「Very Very Very」の順で公開されました。

元々AKBの「ハイテンション」以外は全部知っている歌でしたが、改めて聞くと良い歌ばっかりですね。NUMAの音楽フォルダに再度課題曲たちがダウンロードされました(笑)

②個人投票数ランキング発表

チームの合計数で戦ったので、全ステージ終了後に個別のランキングが発表されました。果たして一位は誰なんでしょうか?

 

①グループバトル評価後半戦

それでは放送された順にグループバトル評価の様子をレポしていきます。前回の放送ではピカブー1班のステージ本番で終わっていました。喉を傷めたメインボーカルのチャンギュリはどんな結果を迎えたのでしょうか?

Red Velvet「Peek A Boo」1組:国民プロデューサーの心にCHU~ピカchu

最終的に喉の調子が治らず、本番を迎えてしまったチャンギュリ。実は高音を一日中出すようなレッスンを受けたことが無く、喉の回復にどれくらい時間がかかるかも分からなかったようです。

センター:ワンイーロン
リーダー:ペウニョン
メインボーカル:チャンギュリ
メンバー:アレックスクリスティン、イカウン、松井珠理奈

それにしても1組のビジュアルすごいわ…。すでにデビューしてるような雰囲気です。

Red Velvet「Peek A Boo」2組:実戦に強い!

1組のギュリちゃんと同じく、後半の高音で悩むイェジちゃん。さらにメンバー的にもFクラスだった子が多く、ビジュアル的にも人気的にも強い1組と並べられて自信も出ません。

しかし先生のアドバイスを受けながら、少しずつレベルアップし、ギュリの高音でミスが出た時には、先生たちから「これはF組の逆襲が起きるかも…」という声も上がりました。

センター、リーダー:キムユビン
メインボーカル:ホンイェジ
サブボーカル:キムダヘ、イユジョン、下尾みう、加藤夕夏

Red Velvet「Peek A Boo」結果発表

投票数 ピカChu! 実戦に強い! 投票数
メインVo 78 チャンギュリ ホンイェジ 92
サブVo.1 4 アレックスクリスティーン キムダヘ 26
サブVo.2 74 イカウン イユジョン 98
サブVo.3 28 ペウニョン 下尾みう 116
サブVo.4 110 松井珠理奈 加藤夕夏 102
サブVo.5 54 ワンイーレン キムユビン 40
合計 348 474

なんとF組の逆襲が成立してしまいました!これって日本だとなかなかないことではないですか?固定ファンが多い人がやっぱり投票多くなると思うんです。

でも固定ファンが多くても本番で失敗してしまったチャンギュリは評価しないって…やっぱり厳しい世界ですよね…。

 

AOA「Short Hair」1組:ペコムペコム

高橋朱里がみんなに背中を押されてセンターになったチームですが、トレーナーに見せる中間発表で一人だけダンスがボロボロで「高橋朱里をセンターにするなら、あなたたちのチームはダメね」とダメだしされます。

その後のミーティングで高橋朱里も「頑張って自分に打ち勝ちたいけど、これはグループバトルでみんなに迷惑はかけられない」とセンターを辞退しようとします。しかしグループメンバーは高橋朱里の努力する姿を見ていたので、もう少しで出来るようになるから!とみんなでセンターを育てようとチームワークで本番を迎えます。

センター:高橋朱里
リーダー:キムシヒョン
メインボーカル:チョユリ
サブボーカル:小嶋真子・ユミニョン

中間発表ではボロボロだった高橋朱里ちゃんも、本番までにはしっかり仕上げてきてなんだかよい感じ!トレーナーたちはメインボーカルのチョユリを高評価してました。確かにすごい安定した高音で感動!!

AOA「Short Hair」2組:ハイクラス

センターを決める話し合いでもめたグループです(揉めた原因の記事はコチラ)。そこから練習がバラバラで行われ、トレーナーに見せる中間発表で動線も合わず、歌い方もバラバラだったことから「あなたたち仲悪いでしょう?」と指摘され、心を開いてコミュニケーションを取ろうと話し合います。そこからは互いの言語を出来るだけ使ったりして練習に臨むようになり、本番ではトレーナーも認めるような絆を深めることが出来ました。

センター:今田美奈
リーダー・メインボーカル:イシアン
サブボーカル:長谷川玲奈・松岡菜摘・アンイェウォン

AOA「Short Hair」投票結果

投票数 ペコムペコム ハイクラス 投票数
メインVo 152 チョユリ イシアン 148
サブVo.1 52 高橋朱里
サブVo.2 64 キムシヒョン 長谷川玲奈 50
サブVo.3 120 小嶋真子 松岡菜摘 90
サブVo.4 28 ユミニョン アン
イェウォン
16
サブVo.5 26 キムミンソ 今田美奈 36
平均点 73.7 68.0

グループの人数が異なるため、平均点を出しての勝負となりました。トレーナーからの評価は2組が高かったのですが、ギリギリのところで1組の勝利となりました。

 

KARA「マンマミーア」1組:アイシャドウ

メインボーカルになったのは、シーズン1に参加経験のあるパクミンジ。ただきれいに歌おうとしすぎる癖を指摘され、不安そうな歌い方を更に注意されます。でもメンバーが「失敗してもいいんだよ?」という応援してくれ、無事本番を迎えます。

メインボーカル:パクミンジ
サブボーカル:

キラーパート「閉じ込めて~」の高音がちゃんと出てる!!感動しました~!あと村瀬紗英ちゃんの目線やアピールの仕方も評価されてました。かわいいというよりもキレイな感じが韓国で受けそう。

KARA「マンマミーア」2組:Oh my god!どうしよう?

トレーナーに見せる中間発表でダンスにまとまりがなく「0点よ!」という酷評をもらったチーム。日本人と韓国人で練習の仕方が違い、結果バラバラで練習していた為にまとまりのないチームになってしまいました。

ミーティングで「このままでは負ける、だからみんなで頑張りたい」とリーダーの宮崎美穂ちゃんが発言すると、韓国人メンバーたちが「日本人の3人はここで脱落してもデビューしているから帰る場所があるけど、私たちは脱落したら終わり。だから焦ってた」と心境を告白します。すると「私たちも死ぬ気で参戦してるし、脱落したら帰る場所は無い」と心を一つにします。

センター:チェソウン
メインボーカル:チョサラン
リーダー・サブボーカル:宮崎美穂
サブボーカル:村川緋杏・篠崎彩奈

KARA「マンマミーア」投票結果

投票数 アイシャドウ Oh my god 投票数
メインVo 66 パクミンジ チョサラン 18
サブVo.1 32 パクジウン シンスヒョン 88
サブVo.2 48 中西智代梨 宮崎美穂 92
サブVo.3 138 村瀬紗英 村川緋杏 86
サブVo.4 138 キムヒョナ 篠崎彩奈 28
サブVo.5 チェソウン 56
平均点 84.4 61.3

チームの人数が異なるので、こちらも平均点で勝負!村瀬紗英ちゃんとキムヒョナちゃんの高得点が影響し、1組の勝利となりました!

 

AKB「ハイテンション」1組:パワーレインボー

センター経験の無い岩立沙穂ちゃんが、ステージをリードするというセンターの資質が不足しているという指摘を受けました。チームみんなでスーパーセンターに育てようと努力します。

センター:岩立沙穂
メインボーカル:ユンヘスル
リーダー:チョヨンイン
サブボーカル:キムダヨン・茂木忍・中野郁海

AKB「ハイテンション」2組:テンションアップガールズ

こちらもセンターを経験の浅いホンユジンちゃんがチャレンジ。センターが一番ダンスが追い付いていないという指摘を受け、「私がセンターじゃない方がいいんじゃ?」とセンターを辞退しようとしますが、メンバーの励ましにより無事本番を迎えることが出来ました。

センター:ホンユジン
リーダー・メインボーカル:竹内美宥
サブボーカル:小田絵里奈・チョアヨン・キムスユン

AKB「ハイテンション」投票結果

投票数 パワー
レインボー
テンションアップガールズ 投票数
メインVo 40 ユンヘスル 竹内美宥 84
サブVo.1 46 キムダヨン 小田絵里奈 60
サブVo.2 56 岩立紗穂 ホユンジン 188
サブVo.3 28 チョヨンイン
サブVo.4 58 茂木忍 チョアヨン 160
サブVo.5 50 中野郁海 キムスユン 12
平均点 46.3 101.2

平均点でこんなにも差が出るなんて…ちょっと残酷でしたね。センター勝負という印象が強い戦いだったので大差で負けてしまった紗穂ちゃんは「チームのメンバーに申し訳ない…」と落ち込んでました。

 

BLACKPINK「BOOMBAYAH」1組:BLACK WORLD

全員が韓国人でラップに強いメンバーをそろえたチーム。リハーサルでもトレーナーから太鼓判を押されますが、唯一指摘を受けたのがセンターなのに印象が薄いパクチャンジュ。いろんなトレーナーから交代したら?とアドバイスされますが、チームメンバーが応援し、センターとして本番を迎えました。

センター:パクチャンジュ
リーダー・メインラッパー:イチェジョン
サブラッパー:コユジン
ボーカル:ウォンソヨン・キムソヒ

特にリーダーとメインラッパーを果たしたイチェジョンはトレーナーからも素晴らしいという評価を受けます。

BLACKPINK「BOOMBAYAH」2組:SNACK

最後まで指名されなかったメンバーで構成されたチーム。相手チームは上手だし、BLACKPINKのラップは難しいで、チャレンジする前からあきらめムード。特にリーダーを困らせたのが佐藤美波と千葉恵里でした。2人は練習もろくにせず、トレーナーへの発表でもグダグダ。やる気がないなら出ていけと言われます。

努力するけどうまく行かなかったのがラップ経験の無いカンヘウォンでした。何回もダメだしされて落ち込みますが「私たちは審査員じゃないの、あなたたちが良いステージを作れるように助ける存在なの。私たちがサポートできるように声だけでも出して。」というソユ先生の言葉に励まされました。

センター・リーダー:ハンチョウォン
メインラッパー:カンヘウォン
サブラッパー:千葉恵里・佐藤美波
ボーカル:浅井七海・浅井裕華

BLACKPINK「BOOMBAYAH」投票結果

投票数 BLACK
WORLD
SNACK 投票数
メインRp 54 イチェジョン カンヘウォン 44
サブRp.1 198 コユジン 千葉恵里 102
サブRp.2 22 パク
チャンジュ
佐藤美波 86
Vo.1 22 ウォンソヨン ハン
チョウォン
42
Vo.2 30 キムソヒ 浅井七海 144
Vo.3 浅井裕華 30
平均点 65.2 74.7

ちょっと納得がいかない…。だってステージの仕上がりとしては間違いなく1組が勝っていました。練習に対する態度だって、1組が良かったです。あんな練習態度だったのに勝って泣いてしまう千葉恵里ちゃんにもちょっとイラっとしてしまったなぁ。

2組が評価された内容としては、成長度かもしれません。あと1組の評価が低かった原因としては、「絶対に歌えなさそうな相手を選ぶなんて卑怯」という意見が韓国内で多く出ていたからでしょう。NUMA個人で言うと、勝負の世界なんだから当然だろ?と思いますが…それは厳しすぎるのかな?とにかくなんか納得がいかない。

 

TWICE「Like OOH AHH」1組:ピョン

トレーナーに見せる評価で、全体的に良いという評価を受けますが、後藤萌咲ちゃんだけ焦りすぎてダンスや歌が雑になっているという評価を受けます。走りすぎないようにみんなでリズムを取りながら何度も何度も練習をし、本番となりました。

センター:イスンヒョン
メインボーカル・リーダー:パクヘユン
サブボーカル:後藤萌咲
ラッパー:ファンソヨン・キムドア

TWICE「Like OOH AHH」2組:NOKKOYA(あなたのもの)

リーダーのパクソヨンと、実力のあるイハウンがうまくかみ合わず、バラバラな雰囲気を指摘されます。1組がどんどん進んでいくのを見て焦った結果のすれ違いでした。先生に指摘されて、チームワークを意識して取り組み、本番を迎えました。

センター・リーダー:パクソヨン
メインボーカル:イハウン
サブボーカル:チョガヒョン・内木志
ラッパー:パクジニ・チェヨンス

イハウンちゃんはマンネ(末っ子)なのにボーカルもダンスも安定してて…あぁシーズン2のマンネのイウジン君を思い出すわ~。

TWICE「Like OOH AHH」投票結果

投票数 ピョン! NOKKOYA 投票数
メインVo 50 パクヘユン イハウン 86
サブVo.1 104 キム
チェウォン
チョガヒョン 14
サブVo.2 172 後藤萌咲 内木志 86
サブVo.3 26 イスンヒョン パクソヨン 72
Rp.1 10 ファンソヨン パクジニ 38
Rp.2 80 キムドア チェヨンス 46
合計点 442 342

チームワークで1組が勝った感じですね。後藤萌咲ちゃんは周りのメンバーに恵まれたと、感謝していました。

I.O.I「very very very」1組:ミックスジュース

全体的にバランスも良く、チームワークもよく高評価を受けたチームでした。でも実は元々ラップを専門にしている人がおらず、アンユジンがチャレンジします。ユジンちゃんにイェナちゃんと明るいメンバーが多く、楽しもうという雰囲気がみなぎっています。チームワーク勝負とバランスならアベンジャーズにも勝っちゃいますね(笑)

センター:チャンウォニョン
リーダー:ナゴウン
メインボーカル:チェイェナ
サブボーカル:白間美瑠・本田仁美
ラッパー:アンユジン

I.O.I「very very very」2組:very very ラズベリー

このグループは最強チームでアベンジャーズという別名を付けられていましたがトレーナーに見せる中間発表で、センターのキムチョヨンのオーバーなアピールでバランスが悪いと言われました。そこでセンターを宮脇咲良に変更しますが、練習時間が足りず本番前日のリハーサルで咲良の実力不足なラップのせいでこのチームは最悪よ!と再度センターをチョヨンに戻すことになりました。

センター:キムチョヨン
リーダー:クォンウンビ
メインボーカル:イチェヨン
サブボーカル:宮脇咲良・本村碧唯
ラッパー:キムミンジュ

I.O.I「Very Very Very」投票結果

投票数 ミックス
ジュース
very very
ラズベリー
投票数
メインVo 64 チェイェナ イチェヨン 34
サブVo.1 42 ナゴウン クォンウンビ 24
サブVo.2 112 白間美瑠 宮脇咲良 164
サブVo.3 70 本田仁美 本村碧唯 46
Rp.1 62 アンユジン キムミンジュ 34
Rp.2 90 チャン
ウォニョン
キムミンジュ 54
合計 440 356

実力は互角と言われた両チームですが、まさかの人気No1グループのアベンジャーズが敗退するとは!!!やっぱり個々の人気だけでなくチームワークやバランスも大事ということですね。

 

②個人投票数ランキング発表

下位92位から発表されました。最下位のアレックスクリスティンちゃんは4票しか入らなかったのね( ;∀;)

全員をまとめると長くなってしまうのでTOP12人をご紹介します。

12位:小嶋真子(120票)
10位:村瀬紗英(138票)
10位:キムヒョナ(138票)
9位:浅井七海(144票)
8位:イシアン(148票)
7位:チョユリ(152票)
6位:チョアヨン(160票)
5位:宮脇咲良(164票)
4位:後藤萌咲(172表)
3位:ホユンジン(188票)
2位:コユジン(198票)
1位:矢吹奈子(330票)

しかしこの票数は純粋な票数で、勝者チームに付与されるベネフィット1000票は入っていません。ですので、例えば5位の宮脇咲良ちゃんはベネフィットを加算したランキングに変えると48位まで落ちてしまいます。逆にベネフィットを得たホユンジンちゃんは3位から2位に上昇しました。

 

最後に

グループバトルやっぱり面白いですね~!!!

来週は第1回のランキング発表で、下位メンバー(58位以下)が脱落となります。どの都合で今週のランキング発表はありませんでした。

あぁ…気になる!!!

ちなみに練習生によるセンターPICK(一番人気の人)の発表や、ホラーサプライズなどもあるので、楽しいこと間違いなしですよ~!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 韓流沼ブログ , 2018 All Rights Reserved.