Menu
Close 

      2018/09/01

チャンウォニョンの身長と体重は?プデュでの課題曲や順位の結果についても

この記事を書いている人 - WRITER -

あんにょんはせよ~!

プデュ(PRODUCE48)大好き、NUMAです。今回ご紹介するのは大手事務所スターシップに所属のチャンウォニョンちゃん。マンネ(末っ子)の可愛さと、ステージに立つとびっくりするようなカリスマ性が共存する最強アイドル!

この記事ではチャンウォニョンちゃんの基本的なプロフィールや、所属事務所から予想される今後の展望などについて書いています。プデュファンの皆さんのお役に立てれば嬉しいです♪

ウォニョンちゃんのプロフィール

可愛いウォニョンちゃんには、年齢が低いからか、プロフィールでシークレットになっているものがたくさん。一旦気になったらとことん調べる性格のNUMAが、韓国の2ch(5ch)のようなサイトで調べ上げた情報をご紹介します。

名前:チャン・ウォニョン
韓国語表記:장원영
英語表記:JANG WON YOUNG

生年月日:2004年8月31日(公式情報ではありません)
本当の情報ならプデュ最終回が誕生日です!しかもユジンちゃんと1日違い!
年齢:15歳
※韓国は数え年なので、日本の年齢だと14歳になります。

身長:168㎝
体重:47㎏

あだ名:ジャイアントベイビー
最年少なのに、この身長&スタイルの良さ…そりゃこんな愛称も出来ますわ。

一番身長が低い矢吹奈子ちゃんが149㎝なので、19㎝も離れてるんですね(笑)並びたくない~!って言ってた奈子ちゃんの気持ち分かる(笑)

家族構成:不明
星座:おとめ座(非公式情報)
干支:申年(非公式情報)
血液型:O型

通っている学校は!?

ここがどんなに調べても出てこないんですよね~。

実はウォニョンちゃん、台湾出身という噂があるんです。しかも華僑!

なぜこの噂が出たかというと、プロデュース48を編集しているMnetの公式ホームページにて、ウォニョンちゃんの英語表記が【Chang Yuan Ying】になっていたからだとか。

現在は【JANG WON YOUNG】に変更になってるんですが、変更前の表記はウォニョンちゃんの名前を中国語読みした時の方法なんです。

日本人のNUMAからしたら、別にどっちでも可愛ければいいじゃん…なんですけど、プデュにおいて韓国人かどうかって結構重要ポイントなんですよね。

やっぱり自国のアイドルを推したい人が多く、ハーフ顔に対して日本人よりもシビアな反応なのが韓国。シーズン1では1位になったソミちゃんですが、ハーフであることがあまり目立たないように暗めのトーンの髪色で出演したことが有名です。シーズン2でサムエルが苦戦したのも分かりやすい外国人顔だからというのが一説にあります。

そんな理由なのか、ウォニョンちゃんの華僑の噂に関しては、事務所もノーコメントなんですよね~。まぁデビューして情報公示するようになったら分かると思うので、ここの部分は後日更新したいと思います。

情報分からなかったお詫びに、ウォニョンちゃんの小学校時代の写真をどーぞ(笑)

天使ちゃんかよっ!!!!!

NUMA

プロデュース48での順位や課題まとめ

第1話(ランキング3位):自己紹介&クラス分けの為に、同じスターシップから出ているユジンちゃん・ガヒョンちゃんとステージを披露。Bクラスに配属されます。希望順位の座席としては1度1位の席に腰かけて、その後41位の席に移動(笑)


第2話(ランキング4位):クラスごとに第1の課題「ネッコヤ」をレッスン、そしてステージを迎えます。なんと曲中のソロショットは3秒ほどしかなく、ファンを悲しませました(笑)ちなみにFクラスはほぼ映らないw
そんなファンに贈る、ウォニョンフォーカスの「NEKKOYA」です!!

第3話(ランキング4位):第2の課題「グループ評価バトル」で、アンユジンから指名されチェイェナ・本田仁美・ナゴウン・白間美瑠と同じグループで「very very very(ノムノムノム)」に取り組みます。

第4話(ランキング非公開):グループ評価バトル発表。豪華なチームメンバーから選抜されて「very very very」でセンターを務めます。ライバルは宮脇咲良率いるアベンジャーズでしたが、チーム力・センター力が圧倒的でウォニョンのチームが勝利します。
ちなみにこの日の放送後、ウォニョンちゃんの名前はトレンド入り。リアルタイム検索で韓国の1位だったそうです。


もちろんチッケム(ウォニョンフォーカス)もありますよw

第5話(ランキング3位)539,596票で3位に入ります。ここまで安定のデビュークラス。さらに練習生が選ぶビジュアルセンターで4位に選ばれます。

第6話(ランキング1位候補):次の課題「ポジション評価バトル」にて希望曲の「Side To Side」を選曲し、メンバー(イシアン、イカウン、ワンイーレン、白間美瑠)と切磋琢磨し、ステージへ。チーム内のランキングとしては、センターとリーダーを押しのけ、2位でした。
そしてこの週、ランキング内容はほぼ秘密だったんですが、ウォニョンちゃんは1位候補で公開されました。


第7話(ランキング非公開):「ポジション評価バトル」の後半戦。第6話で発表が終わっているので、リアクションで少し映るくらいで終わりました。

第8話(ランキング1位)1,010,555票で一位取得!おめでとう~!!!矢吹奈子ちゃんと1位候補として前に並んだ時の写真が前出の身長差写真です(笑)
そして、次の課題「コンセプト評価バトル」に移ります。ウォニョンちゃんは「Rollin Rollin」でセンターをもう一度務めます。今まではカウンちゃんや、イェナちゃん、ユジンちゃんなどのお姉さんメンバーに囲まれ、支えられていたウォニョンちゃんが、実力が追い付いていないメンバーを引っ張る側の立場に。新しい魅力が開花した回ですね。

第9話(ランキング8位):第2回順位発表で課題曲「Rollin Rollin」の人員移動が行われますが、ウォニョンはチームに残り、そのままセンターを果たすことに。チームメンバーと共に課題曲を完成させていく様子が放送されました。

第10話(ランキング非公開):「Rollin Rollin」のレコーディングとステージ本番の様子が放送されました。レコーディング時に高音パートが出ず、センター降板になりそうになりますが、爪先立ちという新しい歌い方を生み出し、センターを死守します。

第11話(ランキング7位):第3回順位発表では277,992票で7位に。前回の順位発表から6ランク落ちた原因としては、PICK数の減少があげられます。第8話から投票数がそれまで12票から2票に減ったので、コアなファンがいるメンバー(活動歴の長いAKBメンバー)が有利になりました。

順位発表後は最後の課題です。「アプロ チャルブッタッケ」を選んだウォニョンちゃん。どんな結末を迎えるのでしょうか?

第12話(1位でデビュー):最終順位発表で見事1位を獲得!最後の課題曲「アプロチャルブッタッケ(We Together)」をこなしながら、最後の曲「クムルクヌンドンアン(夢を見ている間)」ではセンターも務めました。本当に走り抜けた12話だったと思います。これからの活動期間も信じられないくらい忙しいと思うんですが、IZONEでセンターを務めるウォニョンちゃんが楽しみで仕方ないです。

IZONE(アイズワン)後の活動は?

可愛い末っ子の一面と、末っ子とは思えない実力とスタイルを兼ね備えたジャイアントベイビー!!!将来が楽しみすぎますが、どんな展望が予測されるでしょうか?

まず所属事務所のスターシップエンターテイメント。

所属しているアーティストはK.Willソユ先生のような、本格的なアーティスト。そしてMonsta X宇宙少女のような実力派アイドル。

となると。。。今後はスターシップのアーティスト(アイドル)として活動することが予想されます。ちょうどシーズン2のチョンセウンくんは、プデュ後にソロアーティストとして大活躍しているので、そういう活躍が期待されているはずです。

更にシーズン3にスターシップから出ていたのが、中心メンバーのアンユジンちゃんと、残念ながら第2回順位発表で脱落してしまったチョガヒョンちゃんです。
え、もうこれでグループ組めばいいじゃんレベル(笑)

でも、他にスターシップに練習生がいるかもしれないので、その人たちと合流して、第2の「Weki Meki」「gugudan」「PRISTIN」などが生まれるかもしれませんね~。

どんな形になってもデビューはほぼ確定なので、今後の展開が楽しみです♪

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 韓流沼ブログ , 2018 All Rights Reserved.